国内最先端のドローンスクール

Gameic Flight Schoolは国内最大のeスポーツ協会と、最先端ドローン開発企業がパートナーとなり創った、最先端のドローンスクールです。 全国のFlightPILOT関係のドローンスクールと共同でオペレーターを育てます。

全日本青少年eスポーツ協会/Gameic

全日本青少年eスポーツ協会 / Gameicは 全国で660団体以上の団体様を認証または公認し、「eスポーツと生きる時代へ」をビジョンに、日本のeスポーツシーンを若い世代から盛り上げていき、 eスポーツを通じて国内で新たなエンターテイメントや雇用、機会の創出を目的として活動しています。

株式会社Flight PILOT

株式会社Flight PILOTは空の産業革命に挑戦しており、 ドローン、エアモビリティなどに関する事業を様々な角度からご提案いたします。 また官公庁との連携により、災害時における防災協定、航空法および関係法令の情報提供などを行い、暮らしに沿った企業として活躍します。

Gameic Flight Schoolとは

eスポーツ市場の課題

eスポーツ市場は、国内380万人といわれる大規模な若手市場です。eスポーツプレイヤーの日々の活動には資金が必要ですが、 この資金は、一般的なアルバイトやお仕事での給料で大半がまかなわれており、ごく一部だけ、 大会の賞金や収益、ストリーマー活動による報酬を充てられる方々がいるというのが現状です。 この活動資金を、eスポーツプレイヤーの特性を生かした方法でより合理的に創出する方法が、eスポーツ市場には求められております。

ドローン市場の課題

国土交通省で定める「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるもの」 いわゆるドローン(マルチコプター)ラジコン機や農薬散布用ヘリコプター。 近年、その機能や活用可能性が注目されておりますが、 「ドローンパイロット」が、国内で不足しております。ドローンによる社会課題 を実現するには、ドローンパイロットの育成・確保が必要不可欠です。

現在、eスポーツ市場とドローン市場では上記の二つの課題が発生しています。
この度の「Gameic Flight School」の設立では、 eスポーツをはじめとしたゲーマーの新しい可能性に挑戦いたしますが、目下の目標として、 eスポーツ市場の抱える仕事不足と、ドローン市場の抱えるパイロット不足の解消に取り組みます。これにより、両産業による双方向的な支援を実現し、 両産業の持続可能な発展を目指します。

目的に合わせたコース

Gameic Flight Schoolでは皆さまの目的に合うように複数のコースを用意しております。
空撮・点検業務などができるようになるオーソドックスな一般機コース、施工管理の効率化を可能とする測量コース。 農薬や肥料を散布し、農業を効率化できる窯業機コースや建物警備コースがあります。
それに加え、FlightPILOTオリジナルの太陽光パネル洗浄教習が受けられる洗浄コースというものも用意されています。
また、2022年12月5日より免許化される講習にも対応していく予定です。